なぜ【感情のトラブル】が起こるのか

感情のトラブル
とは、
【本来の悩み】によって、
カラダ と ココロが 疲弊した状態で起こります。
【本来の悩み】 とは
感情のトラブル】を真っ先に整えてから
という記事で、
悩みには二種類あって、
【本来の悩み】 と 【二次的悩み】
がある。
ということをお伝えしました。
その【本来の悩み】 です。
カラダ や ココロが
疲弊していると、
ちょっとしたことでも不安になる。
ちょっとしたことでも恐怖に感じる。
ちょっとしたことでも大事に感じる。
そんな心理状態になります。
とっても不安で、不安定な状態。
だから、
最初は、
(1) ぐらいの大きさだった悩みは、
大きさや量が変わっていないのに、
ココロやカラダが疲弊していると、
本来の大きさよりも大きく思えてくるので、
(2)、(3)
とどんどんと大きくなって
最後には
抱えきれないぐらい、大変な問題(>_<) ととらえてしまう心理状態 です。 頭では、分かっているけれど、 心がうまく動かない そんな状態。 最初、問題の大きさは、(1)だった。 ↓ (1)の大きさの問題と、二次的悩みによって ココロとカラダが疲弊した。 ↓ 本当は(1)の大きさの問題が 本人にとっては、(2)に思えるぐらいの大きさになった。 ↓ (2)の大きさの問題によって起こった、 感情のトラブルによって、
さらにエネルギー消耗

問題の大きさが(3)に思えるようになってきた。

さらにエネルギー消耗
・・・・・・
ね、怖いでしょ。
こんな風に陥っているのが、
【うつ状態】
と呼ばれるものです。
みんながみんなそんな状態とは
言いませんが、
少なからず、
そういった部分をもっています。
感情のトラブル】が
起こっています。
だから、
まずそこの
感情のトラブルを解いてあげることから
始めていくのです。
オレンジに来る半分ぐらいの方は、
感情のトラブルの解除】をしばらく続ける必要があり、
半分ぐらいの方は、
もう、悩んでいないで、次。行動!
なレベルな感じがしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました