仮面うつ とは

仮面うつ」とは、抑うつ感や意欲の低下などの精神症状があまりないのに、
胃痛、めまい、だるさ、肩こり・・・・・などの身体症状ばかりが目立つものです。
仮面うつ」はうつの症状が、身体症状に現れることでうつ病が”仮面”に隠されたような状態になります。
誰しも体調が悪い時は、元気がないのは体の不調のせいだと思いがちです。
うつ病がかなり一般化したとはいえ、最初からいきなり「自分はうつ病では?」と疑う人は少ないでしょう。
たとえば、吐き気やむかつき、胃痛などがあって、胃腸科に行ってみても、
「胃がやや荒れている程度」で、とくに異常はありません。
そのうちめまいや立ちくらみなども起こってきて、耳鼻科などを受診し、最終的に心療内科や精神科で「仮面うつ病」だとわかるケースもすくなくありません。
もちろん、疲労感や倦怠感、頭痛、動機といった身体症状は、うつ病だけに見られるものではありません。
体の病気の最初のサインであることも多いのです。
ですから、身体症状がひどい人は精神科ではなく、「心療内科」に行くといいでしょう。
あるいは、精神科、内科ともに備わっている総合病院でもいいでしょう。
うつ病も、ほかの病気と同じく早期発見が一番です。
早期のうちなら割と簡単に治りますが、
重症になってからだと自殺の危険性もあり、非常に怖い病気になります。
また、軽症のままきちんと治療をしなかったり、
リラクゼーションにも気を配らなかったり、
休息を取らなかったりすると、
軽症うつ」を長引かせます。
これも要注意なのです。
それでは、精神面に現れるうつ病の主な症状をまとめてみましょう。
仮面うつ うつの症状へ
疲れが取れない期間が長引いている方
うつうつとしている期間が長引いている方
は、
キネシオロジーカウンセリングコースがおすすめです。
キネシオロジー・心理セラピー・カウンセリングのご案内 キネシオロジーカウンセリングコース

コメント

タイトルとURLをコピーしました