公園デビュー【こうえんでびゅー】

公園デビュー(こうえんでびゅー)とは、
子供が1歳を過ぎてヨチヨチ歩きを始めた頃に、
母親が近所の公園(砂場や滑り台、ブランコなどがある空間)に子供を連れ出して、
そこに集まってくる他の母子連れの仲間入りを果たすこと。
1990年代中頃からマスコミで使われるようになった。
公園での母親たちの井戸端会議は、
子どもの幼稚園、保育園選びから、季節の病気、衣服、発達段階ごとの注意事項、
小児科選びなど、育児と幼児の健康についての大切な情報交換の場でもある。
家庭での育児において、母親の育児ストレスを軽減できるかどうかが、
この公園デビューをうまく乗り越えることが出来るかどうかに関わってくる重要な節目でもある。
公園に集まる母子たちの集団に新たに加入するには一定のコミュニケーション能力が必要である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コメント

タイトルとURLをコピーしました