三歳児神話【さんさいじしんわ】

三歳児神話(さんさいじしんわ)とは、
乳幼児期は母親の愛情が大切であり、
母親が育児に専念しないと子供が寂しい思いをし、
将来的にも取り返しのつかない傷を残す場合がある、
という考えを「神話」だとする概念を指す。
この意味での「神話」とは、
根拠がないのにもかかわらず一般に正しいと思われている事柄を神話」の不確実性に例えたものである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コメント

タイトルとURLをコピーしました