禁煙セラピー

禁煙セラピーとは

禁煙セラピーとは英国人の元会計士アレン・カーの自身の経験に基づいて開発された“やさしい禁煙法”です。
日本では、書籍「禁煙セラピー(アレン・カー 著/阪本章子 訳/KKロングセラーズ 刊)」で紹介され、その劇的な効果がクチコミで広がりました。
禁煙を志す人たちに読まれ、100万部を突破する記録的なロングセラーとなっています。

禁煙セラピーの創始者アレン・カーについて

著者のアレン・カーは、1日100本以上も吸うチェーンスモーカーでした。
彼は33年の間に、ありとあらゆる禁煙方法を試したそうです。中には、最長で1年間喫煙をやめていたときもあったそうです。しかし、その間も彼はたばこが吸いたくて吸いたくて仕方がなかったそうです。
アレンは思い悩んだそうです。「いったい、いつまで我慢すれば、禁煙に成功したことになるのだろう?」と。
そこで従来の「強い意志による禁煙」に疑問を感じた彼が試行錯誤を重ねて開発したのが、“やさしい禁煙法(The easyway to stop smoking)”といわれるものでした。
最初に、自宅の一部をクリニックとしてオープンし、今年で23年になるそうですが、現在では世界中に禁煙セラピーのクリニックを持つようになり、年間およそ4万人もの喫煙者を禁煙に成功させています。
まずは、アレン・カーの書籍「禁煙セラピー」を読むことを、おすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました