意識を外に向けよう

先日ベッドから脱出するためにかんたんな方法として、「目を動かすこと」が大事♪
という記事を書きました。
なぜ目を動かすことが効果的なのかっていうと、
「自分の外側に意識を向ける」からなんですよね。
この、「自分の外側に意識を向ける」と、ベッドだけでなく、
本当に、ある程度の悩みなら脱出できたりするんです。
さ、目を動かして、出かけられそうな人にできる、次に簡単なこと、
それはね、
散歩をすること♪
です。
なぜ散歩をすることがいいのか。
散歩をすることと、「意識を自分の外側に向けること」の関係
それは、
散歩をすると、五感をとおして様々な情報が入ってきます。
しかも、どんどんその情報は新しく、移り変わってきます。

その情報を瞬時に判断しないと、
川におっこちゃうかもしれない、
雨にふられちゃうかもしれない、
う○こふんじゃうかもしれない、
だから五感が総動員されているんです。
総動員して、自分の外側に集中している状態です。
きれいな風景が、視覚をとおして得られ、
木々のざわめきや人々の話声が、聴覚をとおして得られ、
風の心地よさが、触覚をとおして得られ、
街や夕飯のにおいが嗅覚をとおして得られ、
(買い食いしたら、その美味しさが味覚をとおして得られ、)←むりくり?^^;笑
るんです。
うつ病の人にとって、散歩は、とても効果的な療法だそうです。
散歩療法ですね。
うつの状態というのは
意識が自分の内側のネガティブなところに過剰に向き過ぎている状態なんですね。
だから意識をとにかく外に向けことが効果的なんです。
そして
それには散歩が適面!
ぼそ(心理療法よりも散歩療法が効果があるんだって)
同じ道を散歩するのもいいですが、
たまあにルートを変更して歩くのも効果的ですよ♪
ぜひ試してみて下さいね♪
疲れが取れない期間が長引いている方
うつうつとしている期間が長引いている方
は、
キネシオロジーカウンセリングコースがおすすめです。
キネシオロジー・心理セラピー・カウンセリングのご案内 キネシオロジーカウンセリングコース

コメント

タイトルとURLをコピーしました