夫にイライラする でセルフキネシオロジー

キネシでパートナーシップ恋愛・夫婦

夫にイライラするとき、どんな風に私がセラピーをしているのか

ご紹介いたします。

セルフキネシの時に使えるテーマ  はこんな感じです。

・ 自分が嫌いだなぁって思った人

・ イラっと来た人

・ イラっと来た人のこんなとこ

・ この人のこういうところが嫌い

こんなことを思い浮かべながらセルフキネシするといいです。


その手順をちらっとご紹介です。

例えば、私だったら、
「夫の何も考えていないところ」とか



うん。とてもいい例です。
ご説明します。


夫にイラっときたらですね。

頭の中で「セルフトーク」がさく裂するんですよ。

「まったくもー、何も考えていないんだから」

「ちょっとは考えてからもの言ってよね。」

「考えていないからそんな効率の悪いことにになるんでしょう。」

「え?こんなことすら考えていないの?」

と言った感じにね。


セルフトーク というのは
「頭の中『自動的に』流れるセリフ」
のことを言います。


で、夫にイラっときた私は、
こんな感じで、頭の中にセリフが流れるんですね。

何回か、そんなことを続けていると

あれ~ 私、おんなじこと
夫に対して怒っているなぁ
って気づくんです。

そしたら、
セルフキネシの出番です。


あ、自分で言うのもなんですが
この、
「同じこと」で怒っている
という気づきもなかなかいい気づきです。

ここに気づくと自分事として
セルフセラピーが加速するからです。

ここまでの気づきに至れない時もあります。

もう腹が立って仕方がない!
とおさまりが付かない時です。


そんな時は
ただ「夫のこの行動」

自分がイライラする夫の行動を
思い浮かべながらセルフキネシで
調整することから始めてもいいかもしれません。


今回は、そこは飛ばして
夫の「何も考えていない」ところ
にイライラしているのに気付いているので
そこから始めますね。


1、「何も考えない夫」を思い浮かべてセルフキネシ

2、経絡を特定

3、調整法を特定
(カフェキネシ? ホメ? フラワーエッセンス?チャクラ?)

そして、選ばれた調整方法で
経絡の乱れを整えます。



そこで、経絡の乱れが整ったので
そこで終わり・・・

でもよいのですが、一歩進めることもできます。



夫にイライラしているのは
本当の問題の「仮面」であることが多いです。

本丸は、まだもう少し先にいます。

その「本丸」に手が届く
とても効果の高い「自問」があります。

それは、

「それと同じところ、自分にもありませんか?」

です。


自分に問いかけるんですよ。
他の人に言っちゃだめですよ。

大炎上!
しますよ!
いいましたからね私!

自己弁護は完了。


「それと同じところ、自分にもありませんか?」

そのように問いかけましたら
ありました。
ありました。

私にも、あるんです。
「何も考えていない」ことが。

普段は、いろいろ考えています。

どうしたらいいかな。
将来は?
子どもは?
仕事は?
夕方から寝るまでの時間の使い方は?
何時まで寝ようか?
相手に嫌な思いをさせないようにどうやって伝える?

などなど。


でも、
考えられない時もあります。

答えがでないこと。
教育や、子育て、将来のことは
なかなか答えが出ない。

考えるのが嫌になってしまうこともあります。

考えられることは、ひたすら考えているのですが

考えられない。
考えたくない。

ものに関しては、
考えていません。



そこまではいいのです。
考えていない。
ならそれでいいのです。

ところが、
夫が「考えてない」姿を見るとイライラし始める
ということは、

怒っているわけです。

考えてない夫に怒っているのではなく

考えていない「私」に怒っているのです。


考えられないからといって

「考えることを放棄した私」に
怒っているのです。

「考えることをあきらめた私」に怒っているのです。


本当は、考えるのに疲れてしまって
誰かに考えて、決めてほしい
という情けないことになっている私を許してあげられずに
怒っているのです。


いつも「考えていない」わけではありませんが

「考えられない」時があって
「考えていない」時があるわけです。

プラス、それに対して許していないし
怒っています。


ここまできたら、
後は、セルフキネシとか、
調整とかではありません。

もう、調整は済んでます。


何をするか?

「考えていない」私を許すのです。


考えられない時もあるよね。

もう考えたくないよね。

だれか、考えて答えを出してほしいよね。

自分で考えて答えだすのってほんと大変だよね。

頼りたくなるよね。

考えるのが嫌で先延ばしにすることあるよね。

嫌だもんね。

わかるよー。いいよー。大丈夫だよー。

そうなるよー。



そういった言葉を

ねぎらい と 許し を

自分にかけてあげるのです。

夫を許すかどうかは
どうでもよいのです。



自分を許すのです。

自分が自分を許していないところがあることに気づいて
自分を許すのです。



先日、キネシカウンセリングに来た相談者さんがおっしゃっていました。


「私、どうして自分はこうなんだろう。とか

なんでこの人とうまくいかないんだろう。とか理由を探して、納得していました。

でも、納得して、それで仕方ないってなって、

でもなんだか腑に落ちなくって・・・・。

『許す』までやるんですね 」

そうそう、

自己分析も、内省も、自省も
「許す」ために必要だからするわけです。



自己分析して、終わり。
はエゴの罠です。



エゴは変わりたくないですからね。



わかった気になると私たちは
考えることや問いかけることを辞めてしまいますから。



わかった気にならず、

さぁ、今日も自分への許しを見つけてまいりましょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました