ただいまHPのリニューアル&お引っ越し中です。レイアウト崩れ、リンク切れなどございますが、随時更新してまいります。

心理セラピーでのシンクロ体験

2回目以降のセッションで、
私は、クライアントさんに、それまでにあった出来事や気づきなどを話してもらうということを前回おはなししました。
こんなことがあった、
あんなことがあった、とクライアントさんから聞くのが楽しみであったりもします。
もちろん、よくわからない とお答になる方もいらっしゃいます。
そういった場合は、私の方でうまくお聞きできるよう心がけておりますので、
ご心配なさらないでください。
さて、そんな報告の中で
一番多いのが、

「しばらく連絡をとっていなかった友人や親せきから 電話・メールが来た」

というものです。
昨日のクライアントさんの報告もそうでした。
この言葉を聞くたびに私は、
「またか・・・・不思議だ・・・」と思ってしまいます^^;
私はレイキヒーリングこそはさせていただいていますが、
あまり、目に見えない世界のことについては得意ではありません。
なので、この話を聞くたびに正直「ひえ!」なんて思ってしまうわけです。
「はこさん、何をしたんですか!」なんて言われますが、
「こっちが聞きたいですよ~~」とちょっとオカルトチックに笑い話になるのですがね。
大学時代に、心理学を勉強したときです。
自我、超自我、意識、潜在意識 などを学んでいた時です。
人と人は潜在意識でつながっている
ということが
なんと、教科書に書かれてあったのです。
その時の私は、
「ええええ!ここは学問を教えるとこだよね!
こんなこと言っちゃっていいんですか!フロイト&ユングさん」と思いました。
そういいながらも興味津々でしたがね^^;
心理療法の世界では、
「人と人は潜在意識でつながっている」ということは常識とされているぐらい、
ポピュラーな考え方なんですね。
でも勉強してても、信じられるものとそうでないものがやっぱりあったわけです。
ところが、
こうも、示し合わせたように、
同じようなことが続くと、
もう、偶然とは呼べない・・・・のです。
このようなシンクロが起こるたびに
私は、人の心の発する波動の存在を強く感じるのです。
人と人はつながっていますよ。
あなたの思いは、言葉に出してなくても 波動レベルで届いていますよ。

大切な人が健康でありますように、幸せでありますようにって祈ることは
ちゃんと届いているのですよ。

タイトルとURLをコピーしました