自分を認めると甘やかすことになりそうで怖い

前回の記事
■ 人はどんな時に成長するの?成長したいと思うの?
自分が認められないなら 【他人を認めてみる】
以前 【投影】という心理のお話をしたことがあります。
相手に対して、なんかいやだなぁと不快な思いを持つ時、
それは、実は、自分の中にあって、自分でも認められない一部
が、他人の言動やしぐさに現れたとき、に起こります。
例えば、
目立つ人を見て、なんだか気に食わない時
もしかしたら、
自分も無意識には 人前で堂々と話したい という思いを持ちながらも、
【目立つことは悪いこと】という無意識の信念に反することなので、
自分のその性質を認められない時に、
嫌な感情が起こります。
自分では見たくないもの【認めたくないもの】を見せられているのですから、
不快感を持ってあたりまえでしょう。
やっかいなことに、
それを意識している場合は少なく、ほとんど無意識にそういう反応をしてしまう
のです。
これが【投影】という心理です。
乱暴に、簡単に言ってしまうと、
人に対する感情=自分への感情
周り=自分の鏡
といった感じです。
◆◆
◆   【投影】の原理を利用する
この【投影】の原理を逆に利用します。
自分を認められないのなら、相手を認めることから始めてみるのです。
自分に対して行動できないのなら、
周りの人に対して行動してみます。
周りに対する態度 は 必ず自分に対する態度に
結びついてきます。
その投影に原理を利用して、【認める】ということを
していきます。。
◆◆
◆  「誰か、認めていない相手はいませんか?」
思い浮かべてみてください。
    「誰か、認めていない相手はいませんか?」
    「許せない相手はいませんか?」
例えば、
嫌な思い出のある上司
嫌味な先輩
二股をかけられた元彼
裏切った友達
ひどい言葉をかけたパートナー
そして、両親
などです。
思い浮かべられたでしょうか?
大丈夫。この人たちをいきなり許せとは言いません。
いきなり認めろとも言いません。
この方たちは、レベル3の超難関かもしれません。
◆◆
◆   さらにスモールステップ
もうちょっとスモールステップを設定します。
それでは、また
思い浮かべてみてください。
     「認めてあげたい人は誰ですか?」
かわいい後輩かもしれない。
大好きな友達かもしれない。
愛するパートナーかもしれない。
良くしてくれる先輩かもしれない。
そして、両親かもしれない。
この方たちは、 レベル1です。
初心者向けレベルでしょう。
まず、今自分にできるスモールステップは、
このレベル1でしょう。
認めてあげたい人を思い浮かべて、
実際に認める。
具体的には、
「いつもありがとうね」
「笑顔がいいね」
「助かるよ」
といった声かけです。
ほかには、
「あなたのこういうことろ、認めているよ」
「あなたのこういうところ、好きなんだ」
「あなたのこういうところ、尊敬しています」
と、ちょっと気恥ずかしいかもしれないけど、
言葉にして伝える(プレゼントする)ことです

◆◆
◆  ドミノの最初に一個を倒す
なんだそんなこと と思うかもしれませんが、
私たちは、
日々、できることをするだけでいいのです。
できないことをする前に、
まだ、できることがたくさんあるのです。
それは、ドミノで言えば、
その小さな小さな
最初のコマを倒すことです。
それができれば、
勢いにのって、
もっと先の大きな大きなコマを倒すことができるのです。
もう、壁と呼んでいいぐらいの高い壁をクリアすることができるのです。
ぜひ試してみてください。
他の方に流れた【認める気持ち】が次第にあなたの中にも
流れ込んできます。
許せない・認められない相手

コメント

タイトルとURLをコピーしました