なぜ自分を認めることが大事なのか?

前回の記事
■ 自分を認められないと、【やる気】エネルギーが低下してくる。
◆◇◆ 私たちは、自分を認めることを恐れます。◆◇◆ 
自分を励ますことを恐れます。
それは、
甘やかしているのではないか
甘やかしたら、調子にのって成長をやめるのではないか
恐れているからです。
でもね、ちょっとイメージしてみてください。
会社員なら、あなたの上司を。
自営業なら、あなたのパートナーを。
学生さんなら、あなたの先生を。
もし、自分が大きな失敗をしたとき、
小さな失敗ではないですよ。
心が引き裂かれるような大失敗です。
そんなとき、
「なにやっているんだ!
こんなこともわからないのか!
今までなにやっていたんだ!
この役立たず!」
と、言われたら・・・
そしたら、あなたはどう反応しますか?
ああ、私なら心が砕けてしまいそう・・・・
◆◇◆ 辛いことを言われたときの反応 ◆◇◆ 
2パターンあるかと思います。
(1)委縮して、今後の行動にも悪い影響がでてしまう。
(2)反発して、上司や先生、パートナーの言うことに腹を立てる。こいつの思
い通りにはならないぞと決める。
両方のかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
そうです。
このような 激しい態度は、委縮や反発を招きます。
攻撃ですね。
攻撃で、変わろうと思う人は、いない 
とは言いませんが、
ごく僅かでしょう。
攻撃されたら、人は、守りに入るよう、生命維持の原則からプログラムされてい
るのです。
反対に、こんな言葉をかけられたらどうでしょうか?
とんだ大失敗にも関わらず、責めません。
「今一番つらいのはお前だよな。」
「つらかったな」
「これからだよ」
このような上司や先生、パートナーに巡り合えた方は本当に幸せです。
「この人のために、変わりたい!」
「今度こそ、良い結果を出すぞ!」
そんな気分にならないでしょうか?
良い結果を出すために、
具体的にどのようにやっていくかは、そのあとです。
まずは、心にエネルギーを
傷ついた心に、お水を そそいであげると、
「やる気」はパワーを自然に回復していこうとするのです。
人が、本当に変わろうと思うとき、それは、
果てしない優しさに触れた時なのです。
◆◇◆ さぁ、ここで質問です。◆◇◆ 
あなたは、自分が失敗した時、
思い通りにいかないとき、
自分にどんな言葉を【かけてあげていますか】?
「なんてダメなやつだ」
「お前はだめだ」
「なまけもの」
「ろくでなし」
「何をしてもだめなんだよ」
という、心が引き裂かされそうな言葉ではありませんか?
今日の内容から
何を持ち帰りますか?
そして、何を実践してみますか?
→ 人はどんな時に成長すると思いますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました