キネシオロジーは、ゴールが明確です。

キネシは、ゴールが明確です。
OFFをONにしていくだけです。
だから、
どんどん、チェックして、調整していっていただきたいなぁ って思います。
これが、
人生 とか
問題解決 とかになってくると、
ゴールはたーーーっくさんあるんですよね。
セラピストにとってのゴールと
クライアントさんにとってのゴールが違うことなんてざらなわけで。
Aでもない、
Bでもない、
C?
いや、Dでしょ。
にゃーーー
なんてことが
たーーーーーっくさん起こるんです。
キネシは、そんな、
人の「解釈」や「信念」を挟まずに、
ただただ、ONにしてくこととゴールに
ひたすらチェックしては調整していきます。
とってもシンプルです。
だから、早いんですよね。
その方の身体の声 なので。
押し手 がメイン なのではなく、
押され手 がメインなんです。
押し手 があじゃらこじゃら考えるのではなく、
押され手 があじゃらこじゃら考えるわけです。
押し手 はただ押すだけ
押され手 は結果を見て どう考える?
と言った風に。
セラピストだったら
それに加えて、「仮説」を立て、「質問」や「提案」 
などができるかもしれませんね。
が、
そこは、キネシオロジー  という技術ではなく、
カウンセリング  という技術になってきます。
「かじり」程度ではちょっと危険な技
なので、キネシ講座を受けた方で、
プロの方は、合わせて、カウンセリング技術を高めていく必要があるかなぁって思います。
一般の方は、
まずは、
習ってすぐに使える キネシをとにかく使っていくのがいいかなって思います。
プロじゃなくても、
一般家庭の中で、
一般の方が使えるように体系化立てられておりますので、
ぜひ、
シンプルに、キネシにまい進していってほしいなぁ
って思います。
 キネシオロジー1Dayセミナー   カフェキネシWS

コメント

タイトルとURLをコピーしました