子どものやる気を引き出す叱り方作戦



☆子どもが嫌う親の5大タブー語☆
①「でていけ」(突き放す言葉)例:そんな悪いことをする子は、もううちにいなくていい。
②人と比較する言葉 例:90点もとれたなんてよかったわね。それで、○○ちゃんは何点だったの?
③「お前は川で拾ってきたのよ」(基礎不安をおびやかす言葉) 例:橋の下に捨てられていたのよ。
④「さっさとしなさい」(せかす言葉) 例:もう、本当にグズな子なんだから
⑤「お母さんはなにも怒りたくて怒っているんじゃないのよ」(言い訳の言葉)
・・・・あいたたたた。そんな思い出のある言葉達です。
皆さんはどうですか?笑
これは小学校高学年に対するアンケートの結果だそうです。
①、④、⑤なんかは日常茶飯事だったなぁ・・・と思いながら、日々反省でした。
「褒める子育て」が主流になってきていますが、「叱ってはいけない」わけではありません。
いえ、むしろ、叱ることもとても大事なのです。
ですが、叱ることには、「子どものやる気をそいだ」り、「自尊心を傷つけ」たりするという
おおきなリスクも伴うので、テクニックが必要です。
子どものやる気をひきだすにはどのように叱ればよいのか、
叱るときにはどのような点に気をつければよいのか、などがとてもわかりやすく書いてあります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました